AIって何だろう?
AIについて知りたいという人は
このサイトを見たら何かわかるかも?

AIの進化は凄まじく、最近は身近な所にその成果を認めることが出来ますが、それもこれまでの苦労があっての成果です。言うまでもありませんが、最初にAIの基礎研究があり、その後実用化されてきたわけです。基礎研究のレベルになると説明が難しいので、ここでは実用化された技術についてご説明します。AIの進化がよく表れた例といえば、囲碁プログラムでしょう。これまでトップ棋士にAIは勝てずにいましたが、とうとう2016年には棋士を相手にAIが勝利をあげました。さらに2017年には囲碁プログラムの驚くべき成果を世界が目にしました。単に棋士に勝つだけではなく、その勝ち方が人間そのものだったのです。それまでの囲碁プログラムは過去の膨大な棋譜をインプットすることで対戦に備えていたのですが、2017年に登場したプログラムは、ルールしかインプットされませんでした。つまりAIが自分の力で勝ち筋を発見し、勝利したのです。その後、AIは囲碁プログラムだけでなく、様々な実用サービスに導入されていきました。例えば、客に代わって店員に話しかけてくれるAIが開発されました。このAIは店員の返答を理解し、それに応じた再返答もこなしてしまう優れものです。また、ディベートに参加できるAIも開発されました。ディベートは高度な論理力、対話能力が必要になりますが、当該AIは反論者の意見を的確に聴き取り、それに対する再反論を見事にこなしたのです。つまりAIは既に討論相手の言語や個性的な話し方を問題なく認識できるということです。ここまで進化したAIを産業界が本格的に導入すると、世界は一変するかもしれません。